M女の隠れ家

<奴隷 小春> その11
僕は小春の赤い首輪のリングに指をかけて、小春の体を部屋の壁に備え付けてある鏡の前まで、引っ張ってきた。

「あぅ・・うう・・・」

よろけるようにして歩くと、股間縄が小春の敏感なところを刺激し、小春は声を漏らした。

「あっ・・あぁ」

小春の体が揺れて、僕の引っ張る力に抵抗しているかのようだ。

「ほら、こっちだ」

「あ・・・あぁ・・・」

膝を内側に曲げて、腰を少し後ろに引くような恰好で、僕に首輪のリングを引っ張られながら、ようやく鏡の前まで来た。



この股間縄の縛りをされると、左右に広げられた2本の股間縄は、足を動かすたびにラビアの間が擦れて刺激される。
小春は、ラビアの間を通っている2本の縄の刺激で、鏡の前で動けなくなっていた。

「ほら、もっと鏡に近づいて、鏡に写った自分のいやらしい恰好を見なさい」

さっきまで、下着を脱ぐことすら恥ずかしくて抵抗していたのに、今は両手を縛り上げられて、まるでどこも隠すこともできなくなっている。
そんな自分の姿が、目の前の鏡の中にある。

「あぁぁ、いやぁ」

小春は、鏡を見ることに抵抗している。

「もう少し前に出て、ちゃんと鏡を見なさい」

そう言って僕は小春のお尻をピシャリと叩いた。

「あっ・・・」

お尻を平手で叩かれ、小春は鏡のほうへ数歩、足を出した。



鏡を目の前にしながらも、小春は顔を上げることができない。

「鏡の中の自分の姿を見なさい」

僕の言葉に促されて、小春は少しだけ鏡を見た。

「どうだ、こんな風に縛られた自分の姿を見て?」

「…恥ずかしい」

「イヤか?」

「・・・・、い、いやじゃ・・・ありません」

小春は、恥ずかしい恰好で縛られてる自分の姿を鏡の中に確認していた。

「次は、鏡にその左の乳首を付けなさい」

「・・・はい、ご主人様」

小春は僕の命令に、今度は素直に従った。

鏡にさらに近づいて、縛られているおっぱいの乳首を、軽く触れさせた。

「はっ・・・」

鏡の冷たさが乳首に伝わって、小春は小さな声を漏らした。
その瞬間、鏡から乳首が離れた。





「離すな、ちゃんと乳首を鏡に付けていなさい」

「はいっ、はい・・・」

僕の声に怯えたかのように、小春は返事をして、またすぐに鏡の左の乳首を付けた。
こうすると、鏡に写った自分の姿が、嫌でも目に飛び込んでくる。

鏡に写った小春は、まるで二人いるかのように見える。
二人の女性が、お互いに乳首をくっ付け合っているかのような姿だ。