M女の隠れ家

<奴隷 小春> その23
「どうだ、こんな風に縛られて?」

僕が小春に問いかけた。

「き、気持ち・・・いいです」

小春は正直に僕の問いかけに答えた。

小春の小さなワレメに食い込んでいる2本の麻縄も、いやらしさがいっぱいだ。
体をひねったり屈んだりすれば、この股間に通されている2本の麻縄も動く。

そうすれば、小春の敏感なところをこの麻縄が刺激するのだ。



今日の調教は、まだまだ始まったばかりだ。
これから、さらに小春をいやらしくいじめていく。

「小春、さあベッドのところに来なさい」

僕は小春に命令した。

「あんっ・・・」

小春が少し歩こうとしただけで、股間の麻縄の刺激で動けなくなってしまった。
僕は小春の首輪のリングに指をかけて、そんな小春をベッドの上まで引っ張って歩かせた。

「はっ・・・、はっ・・・、ううぅん」

ヨロヨロと歩きながら、小春は息を荒くした。
小春の体をベッドの上にドスンと横たえた。



僕は持ってきたカバンの中からローターを取り出し、コンドームに包んでゼリーを付けてから、股間縄を少し動かして小春のアナルに入れた。

「あぁん」

アナルに異物を入れられるのも、小春には初めての経験だ。
そのまま、ローターのスイッチを入れず、小春の両足を揃えて縛り上げた。

「うぅ・・・」

ベッドの上で、まるで芋虫のように縛られてもがいている。
これもまたいい眺めた。

アナルの遺物感に、小春は戸惑っているような表情をしている。
まだ処女の小春だから、僕はオマンコにはまだ指一本入れていない。

その分、アナルを先に開発していこうと考えていたのだ。

「さあ、小春のお尻の穴に入れたローターのスイッチを入れるぞ」

そう言うと、小春の表情が変わった。
少し怯えたような顔だ。

「ほら」

ローターのダイヤルを少し回すと、小春の股間からブーンという音が聞こえた。

「いやぁぁ・・・、何、何ですかこれ?」

始めてのローターの刺激に、小春は僕に問いかけた。



「どうだ、お尻の穴に入れられたローターは?」

「あっ、ああっ・・・、ヘンな感じ・・・」

「イヤか?」

「ああぁん、おかしい・・・」

そう言いながら、小春はお尻をビクンビクンと動かしている。
感じている動きだ。

始めてのローターの経験で、まだどうしていいのか分からないらしい。
後ろに縛られた手が、閉じたり開いたりして、小春の気持ちを表していのかのようだ。

揃えて縛られた両足も、パタンパタンともがいている。



「あああ・・・、あっ・・・」

小春はアナルに入れられたローターの刺激で、ベッドの上で縛られて動けない体でもがいている。
いくら抵抗しても、縛られたままでは、アナルの中に入れられたローターの刺激は止められない。

「あっ・・・、ダメぇ・・・」

まだローターのダイヤルは弱の位置だが、初めての経験の小春には十分すぎるほどの刺激のようだ。
ローターの状態はそのままにして、僕はベッドの上でもがいている小春を、放置した。

小春がベッドも上でもがいている間に、僕は次の調教の準備に取り掛かった。
ゴム紐の付いたクリップと、手首に付けるリングをバッグの中から取り出した。

さらに赤いボールギャグも持ってきていた。
ボールギャグは、小春が以前、メールのやり取りの中で興味があると言っていたものだ。

次の調教の準備ができてから、僕はベッドの上で悶えている小春に言った。

「ここまでだ」

小春を縛っていた麻縄を解き、ローターのスイッチを切った。

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

小春は荒い息をしている。

「さあ、次はこっちだ」

小春を休ませることなく、今度は部屋に備えてあるマッサージチェアに座らせた。
両手は青いリングで固定してから、イスの上に高く上げて縛った。

ボールギャグを小春の口に噛ますと、小春は少し顔を横に向けて抵抗した。

「あぐっ」

もうしゃべることもできなくなってしまった。

両足の太ももと足首にも麻縄を巻き付けて、イスの後ろに引っ張った。
そんな恰好で、ゴム紐の付いたクリップをラビアに付けた。

「あうぐっ・・・」

小春は、言葉にならない声を上げた。



アナルローターは、まだ小春の中にしっかりと入ったままだ。
スイッチは入れていない。

それはこれからのお楽しみだ。