M女の隠れ家

<奴隷 小春> その26
小春のパイパンのオマンコがヒクヒクと動き、それに合わせるかのようにしい小春は声を漏らしている。

「いっ・・・いっ・・・」

ピンクローターの刺激は、初めての小春にはかなりのものだろう。
お尻の穴に埋め込まれているローターの刺激も、小春には初めてのものだ。

お尻の穴が、この位置からだととてもよく見える。
お尻の穴がキュッと締まったり、また緩んだりと動いている。

この低い位置から、僕は小春のお尻の穴までよく見えるようにして、フラッシュを光らせた。



「恥ずかしい恰好だなあ、小春のオマンコがピクピクしてるぞ」

僕はわざと小春の羞恥心をあおるように、声をかけた。

「いうぅ・・・」

ボールギャグのせいで、言葉にならない。



両手を高く上にあげた格好で縛り上げられているから、口に噛まされたボールギャグを外すこともできない。
時々、小春は頑張って両足に力を入れて閉じようとするが、それでも背もたれの弾力に負けてまたすぐに足は広げられてしまう。





「ほら、またローターの位置が動いてしまったじゃないか」

小春が抵抗して体を動かしたことで、ピンクローターの位置がクリトリスから外れた。