M女の隠れ家

<奴隷 小春> その27
クリトリスの上にピンクローターを置いても、もがいている小春の体では、しばらくすれば位置がズレてしまう。
写真を撮りながらでも、僕がローターを手に持って小春のクリトリスに当ててやるほうがよさそうだ。

僕はカメラを置いて、小春の敏感なクリトリスにピンクローターを当てていく。

「ほら、これは気持ちいいだろう?」

小春の小さなクリトリスは、まだ皮が被っている。
その皮の上かせ、クリトリスを当てた。

ビーンという振動音かクリトリスに触れると、小春の体はすぐに敏感に反応する。

「ううっ・・・」



クリトリスにローターがかすかに触れるだけで、小春の体がのけ反る。
これは楽しい。

ちょっと触れて、また離す。
またちょっと触れて、すぐにクリトリスからローターを離す。

そんなことを繰り返しているだけで、その度に小春は何度も声を上げてのけ反った。



「いうぅ、いうぅ・・・」

ビンクローターのクリトリスへの刺激で、小春はもうイク直前のようだ。
初めてのローターでアナルとクリトリスをいじめられ、こんな恥ずかしい恰好にされながらも、イク直前で弄ばれている。



イキたくてもう我慢できないほどなのに、クリトリスにローターが少し触れては、また離れていく。
あとほんの少しだけ長くローターをクリトリスに当てていれば、小春はすぐにイッてしまうだろう。

それなのに、僕は小春をなかなかイカせてあげない。