M女の隠れ家

<愛奴 沙織> その22
沙織のクリトリスの位置にピタッと当たっているローターは、ブーンという音を立てて振動している。
クリトリスへのこの振動で、沙織は悶えている。

「ああぁ・・・」

小さな声を漏らしながら、M字に縛り付けられた両足を時々ビクンビクンと動かしている。



マッサージチェアに縛り付けられた沙織は、自由に動かせるのは首だけだ。
ローターの刺激に反応しながら、沙織は首を知友に振って悶えている。

「ほら、このローターは気持ちいいだろう?」

「あっ・・・、ああん・・・」

僕の問いかけにも、まともに返事をすることができない。
しばらくの間、僕はローターの刺激で悶えている沙織の姿を眺めていた。

「はあ・・・ああ・・・」

もう息が荒くなっている。



「さあ、そろそろ沙織のオマンコがどんな風になったか見せてもらおうかな」

僕はそう言ってから沙織のショーツの中で振動しているローターの動きを止めた。

「はぁ・・・」

ローターの振動が止まって、沙織はため息を漏らした。
沙織のショーツは、腰のところが紐になって結ばれている。

この紐を解けば、ショーツは前後が離れることになる。
M字開脚にされてマッサージチェアに縛り付けられていても、このままの恰好でショーツの紐を解けば脱がすことができるのだ。

僕は沙織のショーツの腰の紐を片方だけ解いた。
すると、ペロリとショーツが前に広がった。

沙織のパイパンのオマンコが丸出しになった。

「ああ・・・、いやぁ」



これまでローターの刺激をたっぷりと受けていた沙織のパイパンのオマンコは、赤く充血しているように見える。
穴からは愛液が垂れて、ショーツとくっ付いて透明な糸を引いている。

「おお、いやらしいオマンコが丸見えになったなあ」

「・・・・・・」

沙織は僕の声に首を振って無言で抵抗しているかのようだ。
恥ずかしさで僕のほうをまともに見ることもできない。