M女の隠れ家

<愛奴 沙織> その23
ローターの刺激で、沙織のオマンコはもう十分に敏感になっているだろう。
僕は人差し指でそっと沙織のクリトリスに触れた。

沙織の体がビクンと反応した。

「ああぁ・・・」

僕の指の動きに合わせるかのように、沙織は声を上げた。
ゆっくりとクリトリスから小陰唇へと指でなぞっていく。

「あっ・・・ああっ」

段々と大きく声を上げながら、沙織の首が後ろに折れていく。



僕の指が沙織のオマンコに触れるたびに、紗綾の足首がピクピクと動いた。
つま先が僕の指の動きと合わせて、動いている。

ローターの振動と僕の指で、もう沙織のオマンコはとても柔らかくなっている。



「そろそろ次の刺激を与えてやろうかな」

僕はそう言って、持ってきたバックの中からオルガスターを取り出した。
さっきまでのローターと違って、このオルガスターはオマンコの中にぴったりと収まって中を刺激するし、さらに小陰唇まわりも感じさせてくれる。



もう柔らかくなっている沙織のオマンコに、このオルガスターはスルリと入っていった。
ヌルヌルに濡れているから、沙織の小さいオマンコでもそれほど挿入するときに抵抗はなかった。

「ほら、入った、さあスイッチを入れてあげようかな」



沙織のオマンコに中にぴったりと収まっているオルガスターのスイッチを、僕は弱めにして少しだけ動かした。
それでも、ブーンというかなり大きめの音がして、オルガスターは沙織のオマンコの中で振動し始めた。

「あう・・・ああ・・・」

首を振って、沙織が声を上げた。



足首に力か入っているのが分かる。
つま先がピンと伸びて、オルガスターの刺激に反応している。

「ああぁ・・・いやあ・・・あぁ・・・」

沙織がオルガスターの刺激で悶えている。