M女の隠れ家

<愛奴 ゆい> その30
アルファインのベッドの上にゆいの白くてきれいな体が横たわっている。
耳を澄ませば、ピンクのショーツの奥からブーンという音がかすかに聞こえてくる。

こんな無防備に恰好にされながらも、ゆいは呼吸を荒くしている。



まずは、この白くてきれいな体をこのままゆっくりとなぶっていこう。
僕は、ゆいの体に手を這わしていった。

すっきりとしたお腹から太ももまで、そろりと手で撫ぜていく。

「あぁぁ・・」

ゆいが声を漏らした。



僕は立っている場所を変えて、今度はゆいの耳や首筋あたりをなぜていく。

「いやあぁ・・・」

ゆいが耳や首筋が感じる子だということを、僕はこれまでの調教でちゃんと知っている。
オマンコに埋め込まれたローターの刺激で、もうとても感じやすくなっている。

耳を触るたびに、ゆいのお腹がビクンビクンと波打つようにして動く。

「ほうら、ここが感じるなあ」

僕はゆいの感じやすいポイントを、ちゃんと知っているのだ。



「あん、だめ、だめぇ」

ゆいが首を振って、僕の手からの逃れようとして抵抗している。
首を振ったくらいで、僕の手から逃げられるはずもないのに。

もうゆいの呼吸がかなり荒くなってきている。
だが、まだまだ、これからだ。

今日の調教は始まったばかりだ。