M女の隠れ家

<奴隷 玲奈> その25
「ほら、玲奈は、これが好きだよな?」

僕は、ローターを玲奈の目の前に持ってきて言った。
玲奈が以前に付き合っていた男性から、ローターでいじめられた事があるという話を僕は聞いている。

そんな話から、僕はまずローターで玲奈の股間をいじめることにした。
ローターのスイッチを入れると、ビーンという振動音が部屋の中に響く。

「ここはどうだ?」

玲奈の丸出しにされているオマンコのラビアに、ローターを這わせていく。

「あっ・・・ああぁ」

玲奈が声を上げた。
今までツンとおすまし顔だった玲奈だが、このM字開脚に縛られ状態で股間をローターでいじめられて、初めて声を上げた。



僕はゆっくりと振動しているローターを玲奈のオマンコのラビアに這わせていく。

「あっ・・・あっ・・・いやあぁ」

玲奈の声が段々と高くなってきた。

「ほら、ここはどうだ?」

玲奈のツンと尖っているクリトリスに、僕は軽くローターを当てた。

「いやあぁっ」

いい声だ。
僕はこんな泣き声が聞きたかった。

「ほら、ほらほら」

そう言って、僕はツンツンとクリトリスをローターで突く。

「いっ・・・いゃっ」

玲奈の太ももの筋肉が、ローターの動きに合わせるかのようにしてピクンピクンと反応する。
楽しい遊びだ。

ラビアの内側にローターを戻して、またゆっくりと撫ぜるようにローターを這わせていく。

「あうぅ」

声のトーンが変わる。

「ほら、またこっちだ」

またラビアからクリトリスへとローターを動かしていく。

「きやっ」

ローターがクリトリスに触れた瞬間、玲奈は悲鳴のような甲高い声を上げた。
クリトリスへのローターの刺激が、玲奈の理性を溶かしていく。

その溶けた理性が、玲奈のオマンコの穴から透明な液体となって流れ出て来た。
その愛液を僕は指ですくった。

ヌルヌルする感触だ。
僕は玲奈のクリトリスの皮を剥きあげた。

「あう・・・」

ピンク色の小さな裸のクリトリスが見えた。
そこにこのヌルヌルした愛液を僕は塗りつけていく。

「あっ・・・ああぁ」

僕の指に動きに合わせて、玲奈は声を上げた。
皮を剥きあげられ、愛液を塗られた玲奈のクリトリスだ。

愛液を塗られてピンク色に光っている裸のクリトリスに、僕は振動しているローターを触れさせた。

「いやあぁっ、だめえぇっ」

甲高い声が、一段と大きくなった。



「これは感じるなあ」

そう言いながら、僕はローターをクリトリスの先端に軽く押し当てた。

「あっあっ・・・あっ」

顎をのけ反らせて、玲奈は声を上げる。
太ももの筋肉がピクピクと反応している。

楽しい調教だ。
白い靴を履かせたままでM字開脚に縛り上げたのは、正解だった。

アンバランスさが際立って、卑猥な感じがとても増している。
ヌルヌルの愛液が垂れて出るオマンコの穴に、僕は人差し指を差し込んだ。

「いっ・・・いやあぁ・・・」

僕は人差し指を根本まで深く差し込み、オマンコの中を指でかき回した。
振動しているローターを皮の剥きあげられたクリトリスに押し当て、さらにオマンコの中を指でかき回していく。

「ああぁっ、あああ・・・」

顎をのけ反らせて、玲奈が泣き声を上げる。