M女の隠れ家

<奴隷 桃花> その2
桃花を麻縄で縛り上げリードをテレビ台に結びつけてから、そのままテレビの前に立たせた。
僕は部屋の反対側にあるソファにゆっくりと腰を下ろしてカメラを構えている。

ホテルの部屋の中に、フラッシュの光がまぶしく広がっていく。
下着姿でも、桃花には恥じらいがあるらしく、少しうつむいている。



麻縄で縛り上げる前に、僕は桃花に髪を整えるように伝えたので、後ろで巻き上げられている。
麻縄で縛るとき、長い髪だと麻縄と絡んでしまうことがある。

それを避けるために、長い髪の女性には髪をヘアバンドなどで整えるように僕は伝えるのだ。
桃花も、普段は髪は下ろしている。

でも、僕はこういうふうにおでこが出るのも好きだ。
桃花は胸に麻縄をかけると、おっぱいが前に突き出るような形になる。



「そのままでいなさい」

そう言ってから、僕は桃花のブラジャーを片方だけずり下げた。

「あ・・・」

小さな声で桃花が反応した。



ブラジャーで隠れていたおっぱいが見えた。
もう乳首がツンと飛び出すような形になっている。

とてもいやらしい形のおっぱいだ。
今日の調教では、このおっぱいをたっぷりといじめてみようと僕は思った。

片方のおっぱいだげ見えるようにブラジャーをずり下げてから、また僕は部屋の反対側に戻ってソファに座った。
カメラのフラッシュを光らせる。

フラッシュを浴びながら、桃花は足をもじもじとさせている。

「こんな格好にされて、写真を撮られているんだよ。どうだい?」

「・・・恥ずかしい・・・」

「そうだよな。恥ずかしいよなあ、でもこれからもっと恥ずかしい事をされるんだよ」

僕も言葉に反応して、桃花はこれからの調教を想像しているかのように少し腰をくねらせた。