M女の隠れ家

<奴隷 桃花> その10
この股間縄をされている状態で、腰を落とせば股間縄がきつくオマンコに食い込んでくるようになっている。
だから、この不安定な膝立ちの状態を維持しているしかないのだ。

だが、こんな不安定な状態はいつまでも維持できるものでもないことは、僕が一番よく知っている。



桃花の腰がクンと動き、何とかバランスを取ろうとする。
その時に、股間縄が動いてラビアの間の敏感なところを刺激する。

「あっ・・・、あぁ・・・」

桃花の声が高くなった。



上半身を麻縄て縛られていることによる気持ちよさと、股間縄が動く刺激で、桃花の呼吸が荒い。

「どうした、桃花?」

「ご主人・・さまぁ・・・」

ぼーとしているような表情で、桃花が答えた。



腰を落とすこともできず、またベッドに倒れこむこともできず、桃花はこの不安定な膝立ちの状態で麻縄の感触に酔い始めている。
初めて経験する麻縄緊縛だが、桃花の体はしっかりとこの快感を受け入れているようだ。