M女の隠れ家

<奴隷 桃花> その19
もう桃花は羞恥心が消えてしまったかのように、縄の快感にどっぷりと浸っている。
恥ずかしい声を漏らしながら、縄の気持ちよさに酔っている。

「あうぅ・・・」

時々、腰を引いてその時の股間縄の刺激でもいやらしい声を漏らす。
その度に、首を左右に振ってその快感の中に沈んでいくのを堪えようとしている。

前髪が乱れ、顎を上げている仕草が可愛い。



「ほら、こっちだ」

僕は向きを変えて、桃花の首輪に付いている鎖のリードをまたグイッと引っ張った。

「いやっ」

「ほら、ほら」

軽くクイックイッと鎖のリードを引くと、その動きに合わせるかのようにして、桃花のお尻もクイックイッと動く。

「ああん、だ・・・だめぇ・・・」

桃花が少し高めのトーンの声を上げた。





両手を後ろで縛られているから、たとえフカフカな布団でも倒れこむのは怖いものだ。
桃花も布団に倒れこむようなこともせず、リードの動きにバランスを崩さないようにと、腰をひねりながら耐えている。

桃花のお尻の動きが、セクシーさを感じさせる。

「ほら、今度はこっちだ」

僕は位置を変えて、リードをさっきとは違う方向に引っ張った。