M女の隠れ家

<奴隷 桃花> その23
桃花の後ろからのアングルで写真を撮ろうと、桃花の背後に回った。
桃花が足をこすり合わせるようにして、股間縄の刺激に耐えているのが、この位置だととてもよく分かった。

つま先を伸ばしたり縮めたりしながら、両足をこすり合わせている。
本物のM女性だけが見せる可愛い仕草だ。



改めて桃花の顔を覗き込んだ。
まだ荒い息が続いている。

桃花の顔に僕は軽く手を触れた。
すべすべの肌が、とても手に心地いい。

そのまま、僕の手は桃花のツンと飛び出している乳首にまで、触れていった。

「あ・・・」

僕の指が桃花の乳首に触れた時、小さく桃花は声を漏らした。



そのまま僕は桃花の乳首を指でつまんだ。
少しだけ固く感じられる乳首だった。

親指と人差し指で桃花の乳首をつまみ、ゆっくりとその感触を味わっていく。
ベッドの上に縛られて横たえられている桃花は、僕がどんな風にその体を触ろうとも抵抗することはできない。

僕の手は、桃花の体を好きなように触ることができる。

「あぁ・・・」

乳首をつままれて、桃花の声のトーンが高くなってきた。

「ほうら、こんな風にしたらどんな感じだ?」

僕は桃花の乳首をつまんで引っ張り上げるように上に持ち上げた。



「あうぅ・・・」

桃花は、うめくような声になった。
乳首が痛いのか気持ちいいのか、よく分からないような声だ。