M女の隠れ家

<奴隷 桃花> その25
桃花は眉間に皺を寄せて、乳首の痛みに反応している。

「あっ・・・、痛い・・・です」

軽くゴム紐を引っ張っただけでも、桃花はいい反応を示した。



「ほら、こっちに引っ張ったらどうだ?」

僕はゴム紐の引っ張る方向を少し変えた。
すると、桃花の乳首に噛みついているクリップもゴム紐の向きに合わせて動く。

「あぁ・・・、い、いぃたいぃ」

桃花の乳首が痛々しくクリップに引っ張られている。



「あ・・・、いやあぁ」

桃花の悲鳴が甲高くなって、ラブホテルの部屋の中に響いた。

「ほうら、今度はさらに上に引っ張ってあげようか?」

「あっ・・だ、だめぇ・・・」

「ほら、ほら、こっちだ」



桃花の乳首がゴム紐の動きに合わせて、上下左右に引っ張られていく。

「ああぁっ・・・」

僕の指で引っ張っていた時とは違い、今はクリップがしっかりと桃花の乳首に噛みついている。
容赦のない噛みつき方だ。

「あうぅ・・・」

クリップがゴム紐の動きに合わせて、桃花の乳首をいじめていく。
まだまだ、たっぷりと乳首責めを楽しませてもらおうか。