M女の隠れ家

<愛奴 優香> その8
「ほら、体をちゃんと維持しなさい」

揺れ始めていた優香の体が、僕は少し心配になって言った。

「はい、ご主人様」

ハッと気づいたように、優香は体を少し立て直した。



「そうだ。それでいい」

縛られて、カメラの前にたされている姿を、僕は少しの間、眺めていた。
体の揺れは収まってきたが、まだうつむく様子は変わらない。



「よし、そのままだぞ」

僕が優香にこう言う時は、次に何かをされる時だと優香も気づいている。

優香のスカートの裾を縛った縄に挟み、スカートがめくれ上がった状態にした。
それから、太ももまで引き下げたショーツを脱がした。

「さあ、ショーツを脱ぎなさい」

優香の足首まで下げたショーツを、片足ずつゆくりと優香の体から外して行った。



これでパイパンの股間が、また丸見えになった。
優香の股間は、ワレメが深く切れ上がっているのが特徴的だ。

こんなワレメには、股間縄がよく似合う。



縄の気持ちよさと、スカートをめくり上げられてパイパンの股間を丸見えにされている恥ずかしさが、優香の心の中で入り混じっている。
そんな入り混じった状態にしておくのが、僕のやり方だ。

縄の気持ちよさで縛られている体が揺れそうになるのをこらえながら、恥ずかしさで膝をモジモジとこすりあわしている。
制服姿の女子高生のこんな動きは、見ていてとても楽しい。

僕はしばらく、このまま優香の様子を眺めていた。