M女の隠れ家

<愛奴 優香> その13
パイパンの股間縄は、優香の深く切れ上がったオマンコにしっかりと食い込んでいる。
時々、優香は頭を左右に振る仕草をするようになった。

そのため、髪の毛が乱れてきている。

「いうっ・・・」

言葉にならないうめき声を漏らした。

「ふう・・・、ふ・・・」

少しずつ息が荒くなっているようだ。



両膝が擦れ合わされ、ぴったりとくっついている。
だが、どんなに足を動かしても、股間に食い込んでいる麻縄はしっかりと優香の敏感なところを刺激する。

「いあぁ・・・」



この股間縄をされてしまえば、もう抵抗はできない。
ただ、その刺激に泣き耐えるだけだ。

段々と股間縄の刺激に、優香の理性が狂わされていく。
その姿を僕はゆっくりと眺めているだけだ。