M女の隠れ家

<愛奴 優香> その14
ラビアの間を通された2本の麻縄の刺激で、優香はだんだんと体を大きくくねらせるようになってきた。
股間縄は、優香の敏感なところを刺激し続けている。

「ああぁ・・・、いやぁぁ」

体をよじって、優香は股間縄の刺激に悶え泣いている。



「あうぅぅ・・・」

体を前屈みにすると、股間縄はさらにきつくワレメに食い込んでいくように縛ってある。
それでも、優香は股間縄の刺激に耐えかねて、体を前に屈めてしまう。

「いうぅ・・・」

悶え泣く女子高生の姿は、僕をとても興奮させる。



「体をちゃんと起こしなさい」

「ああぁ・・・」

優香はもう決められた返事がまともにできないほどになっていた。

「僕の言うことが聞けないのなら、このカーテンを開けるぞ」

お台場のホテルのカーテンを、僕はサーッと開いた。
窓の向こう側は、夜の光が輝いている。

向こう側からはこの窓の様子がどんな風に見えるだろうか。

「いやぁ、ご主人様ぁ」

「ほら、ちゃんと体をまっすぐにしなさい」

股間縄を食い込ませている女子高生が、カーテンの開いた窓際に立たされている
いやらしい奴隷の姿だ。

「外の人がこんな調教の様子に気づいていまうかもしれないぞ」

「いやっ、いやぁぁ」



言葉では嫌がっていても、僕の命令には逆らうことのない優香だ。
ちゃんと命令どおりに体を起こした。

股間縄の刺激に耐えながら、外から丸見えの窓際に立っている。