M女の隠れ家

<愛奴 優香> その23
僕は、優香のTバックのお尻を堪能した。

「めくり上げたまま、こっちを向きなさい」

「はい、ご主人様・・・」

また素直な優香に戻ってきた。
僕の言うとおりに、優香はこっちを向いた。

可愛いおへそが見える。
今は窓のカーテンが閉まっているから、それほど抵抗もないのかもしれない。





だが、これからが恥ずかしい調教の本番だ。
今日は、このお台場のホテルでお泊りだから、時間はたっぷりとある。

食事も済ませて、後は調教を楽しむだけだ。
今が一番楽しい時間だ。



「次は縛るぞ」

「はい・・・」

縛りと聞いて、優香の表情が少し固くなったようだ。
僕はまた麻縄をしごいて、よじれを整えた。

「さあ、手を後ろに回しなさい」

「はい、ご主人様」

下着姿のままの優香を麻縄で縛り上げた。
これからどんな風にして調教していこうかと考えている時間が、一番ワクワクする。