M女の隠れ家

<愛奴 優香> その25
縄で縛られて感じている優香は、だんだんと体が前屈みになって来た。

「ちゃんと体を起こして」

「・・・はい・・・」

下着をめくり上げられている恥ずかしさも加わって、どうしても自然に体が前屈みになってくる。
それを僕の声で無理やり引き起こした。





こんな若い女の子が羞恥で膝をこすり合わせている。
いい眺めた。

もちろん、このままただ眺めているわけではない。
僕はさらに優香の羞恥心を高めるようなことをした。

優香の薄くて可愛いショーツに指をかけて、グイッと少しだけ引き下げた。

「いやぁぁ」

また、優香は腰を引こうとした。



「誰が腰を引いていいと言った? ちゃんと立っていなさい」

「はい・・・、ご主人様」

僕の声に優香は応えて体を起こした。
今度は靴のつま先がこすり合わされている。

可愛い仕草だ。