M女の隠れ家

<愛奴 優香> その38
「どうして欲しいのかちゃんと言わないと、してあげないよ」

「・・・」

まだ優香は何も答えない。
僕の言葉を聞いても、優香はベッドの上で体を固くしたままだ。

時々、ベッドのシーツを爪でひっかくようにして指を動かしている。
優香の心の中の葛藤が、その指の動きに現れている。



優香の後ろに回ってカメラのフラッシュを光らせた。
優香のパイパンの股間が見えている。

優香のオマンコは、ぷっくりと膨らんでいるタイプだ。
その形が見える恰好だ。



僕は優香のお尻を後ろから覗き込むようにしてカメラを構えた。
膨らんでいるオマンコの真ん中にある縦筋が、愛液で光っているのが見える。

もう優香のオマンコは、しっかりとこれまでの調教と縛りで疼くようになっているはずだ。



「ほら、どうして欲しいんだ? ちゃんとご主人様に言いなさい」

僕の三度目の言葉に、優香は少しだけ小さな言葉で答える。

「入れて・・・」

来とれないほど小さな声だ。

「…入れて・・・ください・・・」

今度は、もう少し声が大きくなった。
優香の手は、ベッドのシーツを握りしめるようにしている。

自分の本当の気持ちを声に出して言うのは、やはり若い女の子にはハードルが高いのだろう。



「そのままの恰好でいなさい」

僕は優香が言葉にした事を、かなえてやることにした。
カメラをテーブルに置いて、そっと優香の膨らんでいるオマンコに指を這わした。

スーッと割れ目に沿って指を這わすと、透明な愛液が僕の指に糸を引いて垂れて来た。