M女の隠れ家

<愛奴 優香> その51
「そこで四つん這いになりなさい」

「はい、ご主人様」

優香は僕の言葉に素直に従って、木の床に手を付いた。
鎖のリードはイスの端に括り付けた。





まるでつながれた犬のようなスタイルだ。
下着姿の若い女の子を、こんな恰好にして写真を撮ることができるのは、S男性の楽しみのひとつだ。

もちろん写真を撮ることは、調教のほんの一部にに過ぎない。



「いいよ、さあ立ちなさい」

何枚か写真を撮ってから、僕は優香に言った。

「はい・・・」

立ち上がってから、優香はこれからどんなことをされるのかと、少しおびえたように顔を曇らせた。

「そのままだ、動くなよ」

そう言ってから、僕は優香のショーツに指をかけて、引き下げた。
いつもの僕のやり方だ。

優香は、これまでにも経験している。
途中まで引き下げられたショーツは、戻すことはできない。



「あぁ・・・」

まだ言葉にならない。
左手の二の腕をつかむ右手の力が、さっきよりも強くなっている。