M女の隠れ家

<愛奴 優香> その52
「左手は後ろだ」

「・・・はい・・・」

僕の命令には逆らえない事を、優香は分かっている。
優香はちゃんと僕の好みどおりにパイパンにしてきていた。

深く切れ上がる割れ目が、はっきりと見える。

「僕の好みどおりに、ちゃんとパイパンにしてきたんだな?」

「・・・はい、ご主人様」



ショーツを太ももの位置まで引き下げられて、パイパンの股間がしっかりと見えるようになっている。
この恥ずかしい恰好は既に優香は経験しているが、それでもまだ恥ずかしさが消えることはない。

僕のカメラのフラッシュが光るたびに、優香の体がピクンと反応する。





膝をこすり合わせる仕草は、悶えているようにも見える。

「次はブラジャーだ」

そう言って、僕は優香の背中に手を回し、ブラジャーをホックを外した。

「いゃ・・・」

優香の体からブラジャーをスルリと外したら、優香は手をサッと前に持ってきて胸と股間を隠した。