M女の隠れ家

<愛奴 優香> その57
このいやらしい縛りをされて、甘い吐息を漏らしながら体を揺らしている優香に、僕はさらに過酷な責めをする。
乳首クリップだ。

しかも、ゴム紐付きの乳首クリップだ。
僕はバッグの中から、ゴム紐の両端に乳首クリップを付けたものを2本取り出した。

「さあ、今度はこれだ」

既にツンと飛び出したような恰好になっている優香の右の乳首に、僕はこのクリップを挟み付けた。

「い・・・いゃぁ」

優香は、小さな悲鳴を上げた。

「ほら、こっちにも付けるぞ」

左の乳首にも、クリップを挟んだ。

「あぅう・・・」

クリップが優香の両方の両方の乳首に噛みついている。
その乳首クリップに付いているゴム紐を、さらにもうひとつのクリップの付いたゴム紐と交差して、そちらのクリップはベッドカーテンの上に挟み付けて留めた。

「ああぁ・・・」

乳首に噛みついているクリップは、これでどれだ動いても優香は外すことができない恰好になった。
どう動いても、ゴム紐が伸び縮みするだけだ。

しかも、伸び縮みするたびに、噛みついているクリップは優香の柔らかな乳首をひねり上げる。





「あうぅ、いやっ・・・いやあぁ」

どうだ?これは」

「痛い・・・、いたい・・・です」

優香の乳首が痛々しいほどにクリップで歪んでいる。



「ああぁぁ」

優香は麻縄の縛りの気持ちよさと、乳首クリップの刺激で、泣き声を上げた。
体を揺らすと、クリップがゴム紐に引っ張られて動き、乳首をひねり動かしていく。

いい泣き声だ。
優香の泣き声は、僕にはすごく心地いい音楽だ。



この縛りをされてから、優香はほとんど目をつむっている。
縄の気持ちよさに、優香はたっぷりと体を酔わせている。

その気持ちよさに、さらに乳首の刺激が加わったのだ。

「はっ・・・はっ・・・はっ」

優香の呼吸が荒くなってきた。