M女の隠れ家

<愛奴 優香> その59
柔らかいベッドの上で、後ろ手にされて縛り上げられていると、膝立ちでバランスを取るのがとても難しい。
優香の体が大きく揺れて傾いた。

「あっ・・・」

何とか膝立ちの状態を維持しようと、優香は体を前屈みにして耐えている。



体を動かすたびに、股間に通された2本の麻縄がいやらしく敏感なところを責め立てる。

「いやっ・・・」

「ほら、ちゃんと体を起こして」

「・・・はい・・・」

僕の声に、優香はようやく屈めていた体を前に向けた。





白いベッドカーテンと、麻縄で縛り上げられた優香の体が、とてもいいコントラストを描いている。
さっきまでクリップに噛みつかれていた乳首が、また赤くなって尖がっている。

いい絵だ。
ぴたりと閉じられた両膝と、その上の割れ目に食い込んでいる麻縄は、ずっと眺めていたくなるほどにセクシーだ。



また優香の体がグラリと揺れた。

「あ・・・」

小さく声を上げて、優香は体のバランスを取ろうと腰を動かした。