M女の隠れ家

<愛奴 優香> その66
「ああぁ・・・、あうん・・・」

オマンコに埋め込まれたローターとバイブの刺激で、優香は悶え声を上げている。

「あっ・・・あっ・・・」

優香の悶え声の合間に、グイングインと言う機械音とブーンというローターの小さな音が優香のオマンコの中から聞こえてくる。



マッサージチェアでM字開脚に縛り付けられているから、自由に動かすことができるのは頭と足首だけだ。
オマンコの刺激で、優香は時々頭を大きくのけ反らして、うめき声をあげる。

「うううぅ・・・」

息遣いも荒くなってきている。

「はあ・・・、はっ・・・、はあ・・・」





優香の乳首に触ると、もうコリコリするほど固くなっていた。
優香は乳首がとても敏感な子だ。

乳首だけでもイク事ができる。
乳首をつまむと、優香はトローンと溶けてしまうような表情になった。