M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その3
テレビ台に鎖のリードで止められているから、真菜が動くことの出来る範囲は限定されている。
真菜は、そのテレビ台の前で僕の縄の味を感じ始めている。

「あぁ・・・」

小さく声を漏らした。

「ほら、この縄は気持ちいいね」

「・・・はい」

真菜が僕の声に素直に答えた。



縛られてまだ数分しか経っていないのに、真菜の体が揺れながら傾いていく。
上半身が円運動を描くようにして揺れながら、斜めに体が傾いている。

縄の気持ちよさを知っている真菜だ。
真菜の体が揺れるたびに、首輪に付けられた鎖のリードがジャラリと音を立てる。





「ふー」

真菜が深い息を吐いた。
縄の味を過去2回の調教で、もう知っている。

真菜は僕と出会うまで、他の男性との経験はないと言っていた。
つまり処女だというのだ。

そんな真菜を、処女のまま僕は調教して行く。