M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その17
リードを引っ張られて体を揺らされ、股間縄の刺激に真菜が泣いている。

「あっ・・・あっ・・・ああっ」

いい声だ。
真菜は僕のこんないたずらに抵抗して、後ろ手に縛られている指を固く握りしめている。



ここまでで僕はリードを引っ張るのを止めた。
真菜の呼吸が荒くなってきていた。

「はっ・・・はっ・・・はうぅ・・・」

倒れないように全身に力を入れ、股間縄の刺激にも耐えている。



「ご、ご主人さまぁ・・・もうだめぇ」

そろそろ限界のようだ。
真菜の声が本当に泣きそうな様子に変わってきた。