M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その19
ふっくらとした肉付きのいい真菜のお尻だ。
白いショーツが太ももに絡みついている。

この肉付きのいいお尻の奥には、麻縄が痛々しいほどに深く食い込んでいる。

「ふっ・・・ふうぅ・・・」

真菜の呼吸が、少しずつ整ってきた。



このまま真菜のお尻を触り、肉付きのいい太ももを押し開きたい衝動に駆られる。
だが、僕はそんな衝動をグッと我慢して、カメラのフラッシュを光らせている。

真菜の股間に通された2本の麻縄は、後ろ手に縛られた手首の上から背中を上り、首筋を跨いで胸の前で結ばれている。
だから、手を動かしただけでも、股間に食い込んでいる縄は敏感なところを刺激する。

そろそろ真菜を股間の刺激からも解放してあげよう。



「真菜、縄を解くよ」

「・・・はい」

小さい声だが、素直に真菜は返事をした。
僕は真菜の体に巻き付いていた麻縄を解いていった。