M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その25
両手を後ろにした恰好で体を麻縄で縛られ、その気持ち良さに真菜が酔っている。
柔らかなベッドの上で、膝立ちの姿勢を維持するのはただでさえ難しいのに、さらに縄で縛られてその気持ち良さに酔っているのだ。

真菜の体が、いまにも倒れそうなほどに不安定に揺れている。



だが、体が揺れるとさらに股間に通された縄が食い込んでくる。
その股間縄の刺激が、また真菜を気持ち良くさせてしまう。

「あああぁ」

真菜のうめき声が、泣き声に変わった。







腰を伸ばしたり引いたりして、真菜は体のバランスを維持しようとしている。
そんな動きに、股間縄が呼応して敏感なところを擦ってしまう。

ベッドの上で真菜の体が刺激され続けている。