M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その26
真菜が呻いている。

「うっ・・・ううぅ・・・」

乳首をツンと突き出すようないやらしい形にしながら、真菜が縄の世界に沈んでいく。
今度は、僕はただそんな真菜の様子を眺めているだけだ。

写真を撮る以外は、何もしない。









時々、真菜の体がビクンと反応する。
後ろに縛られている手が、ピクッピクッと動いている。

「あうっ・・・」

真菜の吐息が漏れる。