M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その29
縄の間から飛び出している真菜のおっぱいが、とても魅力的だ。
形のいいおっぱいが上下を縄で挟まれて、その張りを増している。

縄で縛られて抵抗できない女が、今僕の目の前にいるのだ。
この状態で、何もせずにただ写真を撮るだけで我慢できるはずもない。

僕は真菜のおっぱいに手を伸ばして、そっと乳首の先端を触った。
固くなっている。

いい感触だ。



「あっ・・・あっ・・・ああぁ」

僕の指に反応して、真菜が声を上げた。
縄で縛られて張りの出たおっぱいは、他では経験できない感触だ。

さらに僕は、縄で縛られている真菜の腰からお尻へと手を伸ばしていった。





ピクンピクンと、僕の手の動きに反応して真菜が体を震わせる。
若い肌は、すべすべとしていてとてもなめらかだ。

僕は、お尻へも手を這わせていく。
握りつぶしたくなるような肉の感触だ。

「うっ・・・」

真菜の声が少し大きくなった。