M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その30
僕はカメラを構えたまま、真菜の肌の感触を味わうべく、左手を真菜のお尻に這わせた。
若いなめらかな肌が、指に心地いい。

真菜のお尻がビクッピクッと動く時の感触は、また格別だ。



真菜は僕の手を拒絶しない。
触られることを、逆に喜んでいるかのように、僕の手の動きを受け入れている。

「ふっ・・・ふっ」

呼吸音が聞こえる。
後ろに縛られている手の指が、なまめかしく動いた。



真菜のお尻の肉に食い込んでいる麻縄が痛々しく見える。
こんなところに縄を食い込ませて、抵抗もできずにそのお尻を嬲られている。

いやらしい姿だ。