M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その33
「もう・・・許して・・・」

辛そうな声で真菜が僕に哀願する。
そろそろ限界か。

「外して欲しいか?」

「お願い・・・お願いします」

「僕のいう事が聞けるか?」

「はい、はいっ、聞きます」

乳首クリップ責めに耐えかねて、真菜はもう泣き声になっている。
縄の快楽と乳首クリップの痛みの両方を受けて、真菜の心は激しく揺さぶられている。

これが奴隷をさらに従順にしていく。

「ようし、外してやろう」

「お願いしますぅ」

僕は真菜の乳首に噛みついているクリップを外した。

「いぃ・・・」

外した時にさらに増す痛みに、真菜は顔をしかめた。

「さあ外したぞ、これから僕の言う事を聞くんだったな」

「・・・はい」

真菜の目に少し涙がにじんでいるように見える。

「足を大きく広げなさい」

「・・・はい・・・」

真菜は、僕のいう通りに両足を広げた。
とても素直で従順になった。



オマンコのワレメに、股間縄がしっかりと食い込んでいるのが丸見えになった。
恥ずかしい恰好だ。

だが、こんな恰好をすることも奴隷の真菜には、もう拒むことはできない。



縄が食い込んでいるワレメを僕はゆっくりと指でなぞっていく。

「あっ・・・ああぁ・・・」

さっきよりもさらにいい声になっている。
転げた両足が、ピクンピクンと動く。