M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その34
2本の股間縄に押しつぶされているクリトリスが、痛々しく見える。
僕は真菜の小さなクリトリスが、もっと麻縄で擦れるように股間縄で挟み込んだ。

「あうっ・・・」

そのまま股間縄を指で引っ張り上げた。

「ああぁ・・・」

乳首の痛みの後は、股間縄でオマンコを刺激する。



「あうっ・・・あうっ」

真菜のオマンコは、こんな刺激にもいい反応をする。
また、指で僕は真菜のオマンコをなぞっていく。

「あぁ・・・」

「こうされると気持ちいいなあ」

「はい・・・いいです・・・」

「じゃあここまでだ」



縄で縛られオマンコを指で刺激されて感じている途中で、僕は止めた。

「え・・・」

気持ち良さの途中で止められてしまう事に、真菜はこの盛り上がっている感情をどうしたらいいのか戸惑っている。
そんな真菜の表情を見ながら、僕は黙って真菜の体に巻き付いている縄を解いていった。



解いた縄を真菜の股間の上に絡めて置いた。

「・・・」

真菜は無言で小さな吐息を漏らした。
縄の気持ち良さを味わっている途中で終わってしまった。