M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その37
オマンコにローターを埋め込まれた真菜に、僕は言った。

「これがして欲しかったんだな?」

前回の調教の時、真菜はローターにとてもいい反応を示していた。
その事を僕はしっかりと覚えている。

「・・・はい・・・」

「よし、じゃあローターのスイッチを入れてあげよう」

「・・・」

無言で真菜はローターの刺激を待っている。
僕はローターのダイヤルを、グルリと回した。

真菜のオマンコの中から、ブーンという振動音が聞こえ始めた。

「いやぁぁ・・・」

真菜が甲高い声を上げた。
ローターの振動が真菜のオマンコを喜ばせている。



「あっ、ああっ」

ベッドのシーツを握りしめ、真菜がローターの刺激に声を上げている。

「あっ・・・あっ・・・」

お尻の肉が、ビクンビクンと波打つようにして動く。
なまめかしい動きだ。



白いシーツを握りしめて、引き寄せるかのような仕草をしている。
ローターの気持ち良さで、真菜が泣き声を上げている。

「ああぁっ、ああっ」

真菜の泣き声が、ホテルの部屋に響いている。



「ほら、こうしたらもっと気持ちいいなあ」

そう言って、僕はローターのダイヤルを一番強い位置にまでグルリと回した。

「きやあぁっ」

真菜は甲高い悲鳴を上げた。
足首がバタッバタッと動き、太ももの肉がピクピクと震えている。

僕はそんな真菜の様子を、ベッドから少し離れた位置で眺めていた。