M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その38
「ああぁっ」

真菜の脇腹からお尻にかけて、僕は手でそっとなぞっていく。

「いいぃっ」

真菜が僕の手の動きに反応して、さらにいい声を上げた。
白くて柔らかな真菜の肌を、僕は手でそっとなぞっていった。

白いシーツを握りしめ、お尻の肉をビクンビクンと震わせながら、真菜がローターと僕の手の刺激に泣いている。
また僕はカメラを手にして、そんな真菜の姿を写真に収めていった。

いい眺めだ。
ベッドの上にカメラを構え、真菜の泣き声を聞きながら、僕はフラッシュを光らせた。



だが僕は、このまま真菜を感じさせておくようなことはしない。
暫く真菜の泣き声を堪能した後で、僕は振動しているローターを真菜のオマンコから引っ張り出していく。

ブーンという振動音が、大きく聞こえるようになった。
真菜のオマンコからローターが顔を出した。

「いあぁっ」

オマンコの入口にローターが少しだけ顔を覗かせている。
真菜は、その時の振動を味わった。

その後で、ローターがするりとオマンコから抜け落ちた。
ブーンという大きな振動音を響かせながら、ローターが白いシーツの上で暴れまわっている。

僕はローターのスイッチを止めた。
オマンコの中の刺激が止まって、真菜は息を荒くしながら僕の方を少し恨めしそうな目で見た。

「ここまでだ。次はこっちだ」

僕は真菜をベッドから立たせて、麻縄で縛り上げた。
今度の縛りは、両手を後ろにしただけのシンプルな縛りだ。

「ここに座りなさい」

マッサージチェアに枕を置いて、真菜をそこに座らせた。





縛られてマッサージチェアに座らされた真菜は、少し怯えたような目で僕を見つめている。
ローターの刺激で、もう頬がピンク色になっている。

これから受けるマッサージチェアでの調教は、さらにその頬を赤く染めることになるだろう。