M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その42
僕は、真菜のオマンコにローターを当てていく。

「うっ・・・ううぅ」

ローターが当たる場所によって、真菜の泣き声が変わる。
M字開脚にされて縛られている真菜の足の指がピクピクッと動いている。

こんな真菜の姿を僕は堪能している。
とても楽しい。



真菜のラビアを広げて、その中にもローターの刺激を加えていく。
オマンコの穴が、よく見えるようになってきた。

穴が少しずつ開いてきている。
そこが、ローターの刺激でピクピクと動く。

「ここが気持ちいいのか?」

そう言いながら、僕はローターを真菜のオマンコの穴の周りに当てた。

「あうぅ・・・」

真菜のうめき声が大きくなった。



「ふうぅ・・・ふっ・・・ふっ・・・」

真菜の呼吸が荒くなってきている。

「ほら、こっちだ」

またローターの位置を動かした。

「あん・・・」

真菜は、まるで子犬が鳴くような声を上げた。