M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その44
「ああぁ・・・あああぁ」

真菜の声が大きくなって、部屋に響いている。
アナルとクリトリスを同時にローターで責められて、真菜が悶え声を上げている。

足の親指もピクピクと動いている。

「ここが気持ちいいな」

僕はそう言って、クリトリスの側面に少し強くローターを押し当てた。

「あうあぁ・・・」

真菜が頭を上にのけ反らせた。



楽しい時間だ。
こんな真菜の反応を見ていると、楽しくてたまらない。

真菜のオマンコの穴がヒクヒクと開いたり閉じたりする。
ローターの動きに、真菜のオマンコの穴か反応している。

「あうっ・・・あぁっ」

いい声だ。
オマンコから、透明な愛液が垂れている。



真菜の表情が、これまでとはまるで違う。
別世界に行ってしまったかのような表情をしている。

真菜のアナルとオマンコをいっぱい刺激して、たっぷりと真菜の泣き声を僕は堪能した。
真菜は、まだイクという事を知らない。

これだけクリトリスへの刺激を続けても、真菜はイクことがない。
もうそろそろだろう。

「ここまでだ、縄を解くぞ」

「・・・はい」

少し残念そうな表情をしながらも、真菜は僕の声に答えた。



真菜の体をM字開脚にしてマッサージチェアに縛り付けていた縄を、僕は解いていく。
縄を解いている僕の顔を覗き込むように、真菜が顔を上げた。

そんな真菜に、僕は軽くキスをした。

「気持ち良かったか?」

そう問いながら、今度はゆっくりと縄を解いていった。

「・・・はい、すごかった」

素直に真菜が答えた。
真菜のアナルには、まだローターが入ったままだ。

スイッチも入ったままなので、ビーンという振動音を小さく体内から響かせている。
縄を解き終わり、ぐったりとしている真菜の体をベッドの上にゆっくりと抱きかかえながら寝かせた。

まだアナルローターの振動は続いている。