M女の隠れ家

<奴隷 真菜> その46
アナルローターとオマンコのローターの2つの刺激を真菜は受けている。
いわゆる「二穴責め」というやつだ。

「ああぁ・・・あっ・・・」

ビクッ、ビクンと真菜のお尻が動く。



「ほら、これは気持ちいいなあ」

「あぁぁ・・・いいっ」

真菜の言葉が途切れる。
オマンコの中のローターの振動に、真菜が激しく感じている。

さっきまでクリトリスをさんざんローターで刺激されていたのだ。
もう十分に真菜の体は、感度が高まっていたはずだ。



そんな真菜に、オマンコの中のローターの振動は激しい快感をもたらす。

「あうう・・・あぁっ」

お尻の動きと共に、真菜が声を上げている。
時々、枕に頭を押し付けて、その刺激に耐えている。

「あっ・・・あああっ」

いい声になって来た。
僕は真菜の後ろに回り、ローターが入っているオマンコに人差し指を入れた。

「いやぁ・・・」

真菜が腰を引こうとする。

「動くな。じっとしていなさい」

そう言って、真菜のオマンコに人差し指を深く入れた。
中でコンドームに包まれたローターが振動しているのが分かる。

その状態で、僕は真菜のGスポットを人差し指で撫ぜていく。



「いやあぁ・・・」

真菜の声が甲高くなった。

「ほら、ここが気持ちいいんだろ?」

アナルローターとオマンコのローターに加えて、僕の指がGスポットも刺激している。
真菜は、頭を左右に振って、この3つの刺激に激しく感じていた。