M女の隠れ家

<奴隷 凛> その10
さすがにこの縛りをされて、敏感なところに2本の麻縄を通されると、凛も体を少し前屈みにしてきた。
ストッキングを履いているつま先が、また親指をこすり合わせるようにして動いている。

そんな自分のつま先を、見つめているような姿だ。



「ほら、ちゃんとスカートはめくり上げたままだぞ」

スカートの裾を下ろそうとした凛に、僕はピシャリと厳しいトーンで言った。

「はいっ・・・」

凛はしっかりとスカートの裾を握りしめ、めくり上げた恰好を維持している。
どれほど恥ずかしいことだろうか。

凛の心の中が今どんなに揺れているか、それを想像すると、とてもワクワクする。



僕の言いつけをしっかり守って、股間縄の刺激に耐えながら、スカートの裾を握りしめている姿はとてもいじらしい。
とても可愛い奴隷だ。

パイパンの股間に食い込んでいる麻縄が、体を動かすと微妙に擦れ、敏感なところを刺激するはずだ。
その刺激に耐えるように、凛はじっと体を固くしている。



体を少し前屈みにして、股間縄の刺激に耐えようとじっと体を固くしている凛に、僕は冷たく命令する。

「体を起こして顔を上げなさい」

「・・・はい・・・」

凛は僕の命令には、服従する。
凛のきれいな顔立ちが、見えるようになった。

スカートの裾をギュッと握りしめている姿から、股間縄の刺激に耐えているのがよく分かる。