M女の隠れ家

<奴隷 凛> その12
若い女の子が、恥ずかしさでいっぱいの表情でスカートをめくり上げている。
こんな調教が、僕の好みだ。

すぐに裸にして縛り上げるよりも、こうやってジワリジワリと一枚ずつ心の薄皮を剥ぎとっていくような、ねっとりとした調教がいい。



凛は、時々、恥ずかしさのあまりスカートを下げようとする。

「こらっ、誰が勝手に下げていいと言った? ちゃんとめくり上げていなさい」

「・・・はい、すみません・・・」

僕の叱責を受けて、凛はまたスカートの裾をめくり上げた。



こんな調教を受けて、凛は股間縄の刺激に少しずつ反応し始めてきた。
最初は、背筋もピンと伸ばしていたのに、徐々に前屈みになってきている。

膝をこすり合わせるような仕草もするようになってきた。
ラビアの間を通された2本の股間縄は、凛の一番敏感なところを刺激する。

凛の柔らかいワレメの肉に食い込んでいる様子は、とても淫らだ。



まだ調教は始まったばかりだ。
これから、さらにいやらしくいろんな調教をしていく。

どんな風に凛をいじめようか、そんな事も考えながら僕は凛の恥ずかしい姿を、カメラに収めていった。