M女の隠れ家

<奴隷 凛> その17
「さっきのように、ちゃんとスカートをめくり上げて」

「・・・はい」

僕の命令に、凛はようやく返事をしてさっきのようにスカートをめくり上げた。
だが、顔は背けたままで、鏡の中の自分のいやらしい姿を見ることには抵抗している。





「ほら、今、凛はどんな恰好をしているんだ?」

「・・・」

凛は答えない。

「どうなんだ?」

僕は少しきつめの声で凛に言った。

「・・・股間縄を縛られています」

「そうだな。いやらしい股間縄をされているな」

「はい、ご主人様」



「じゃあ、その股間縄で縛られている姿を見なさい」

「はい・・・」

ようやく凛は返事をして、鏡の中の自分の姿を少しだけ見た。
恥ずかしさでいっぱいの様子が、鏡の写る姿からもよく分かる。

こんないやらしい恰好をしている自分の姿を見るのは、凛には何よりも恥ずかしいのだろう。



首輪を付けられ、パイパンに股間縄で縛られている姿は、まさに奴隷そのものだ。
僕の奴隷の姿だ。

「凛は僕の奴隷になりたかったんだろ?」

「はい、ご主人様・・・」

「じゃあ、そう言いなさい」

「・・・凛は、ご主人様の奴隷になりたかったです」

鏡の前で恥ずかしさでいっぱいの凛は、さらに恥ずかしい言葉を言った。