M女の隠れ家

<奴隷 凛> その21
柔らかいベッドの上で膝立ちになると、バランスを取るために足に微妙な力が入るものだ。
そんな足の力が、オマンコに食い込んでいる麻縄を動かす。

「そのまま膝立ちになっていなさい」

「・・・はい」

凛は素直に僕の言葉に従って、ベッドの上で膝立ちになっている。
だが、その姿勢でしばらくすると、股間縄が段々と擦れるようになってきた事に気付いた。

「あ・・・」

凛は小さな声を上げた。



凛は両手で麻縄が食い込んでいてる股間を押さえるような仕草をした。
もう凛の股間は、麻縄の刺激で敏感に反応している。

「凛の股間は、どんな風になっているのか、見せなさい」

またさっきのようにスカートをめくり上げるように、僕は命令した。



「はい・・・、ご主人様」

凛は素直にスカートをめくり上げて、麻縄が痛々しいほどに食い込んでいるパイパンのオマンコを僕のカメラの前に晒した。
柔らかなオマンコの肉に、麻縄の食い込みがとても深い。

そんな姿を凛は僕のカメラの前に晒して、フラッシュを浴びている。



「ようし、じゃあ次は上半身も縛るぞ。さあベッドから降りてスカートを脱ぎなさい」

「はい・・・」

股間縄の刺激のせいか、凛の少し赤く上気した頬が、いやらしさを増しているかのように見える。
そんな凛の頬を間近に見ながら、上半身を麻縄で縛り上げていった。

「ほら、これでできた」

「・・・」

縛られて、もう抵抗できなくなった凛は、僕のカメラに写されることへのせめてもの抗いとして顔を背けた。