M女の隠れ家

<奴隷 凛> その23
火照った顔を写真に撮られるのが恥ずかしくて、凛は僕のカメラから顔を背けている。
だが、それをそのまま許す僕ではない。

凛が背けていた顔を下げたその瞬間を逃さず、僕はカメラのシャッターを切った。

「いやあ・・・」

まるで初めて裸にされた時のような声だ。
凛は髪を乱して、赤くなった顔の写真を撮られることに抵抗する。





頭を振ると、両手を縛られているためにさらに体のバランスが崩れる。
体がグラつくと、それに合わせてオマンコに食い込んでいる麻縄も微妙に動いてしまう。

「あぁ・・・」

凛が股間縄の刺激で、悲鳴を上げた。