M女の隠れ家

<奴隷 凛> その29
「凛。僕のほうを見て」

「はい・・・」

僕の声に素直に従って、凛は顔を上げて僕を見た。
頬が赤く火照っている。

いやらしいM女の顔だ。



「ようし、さあもう一度左の乳首を鏡に付けなさい」

「・・・はい」

凛は僕の命令どおりに動くお人形さんのようだ。
こんないやらしい行為でも、僕の命令どおりに動く。



「乳首を鏡から離して」

「はい」

「また鏡にくっ付ける」

「・・・はい」

冷たい鏡の面に、ツンと尖った乳首を、僕の命令に従ってくっ付けたり離したりする。
そんな動きをするたびに、凛の腰がなまめかしく動き、鎖のリードもジャラリと音を立てる。



凛の乳首が前に尖って飛び出し、とてもいやらしい形になっている。

「どうしたんだ?凛。乳首がいやらしい形になっているぞ」

「いやっ・・・」

そう反応していながらも、凛は僕の命令に逆らうことなく乳首を鏡に付けていた。