M女の隠れ家

<奴隷 凛> その30
「凛、鏡から乳首を離していいぞ」

「はい・・・」

鏡から離した凛の乳首は、これまでにないほどツンと前に突き出ている。
あまり大きくない乳房なのに、乳首だけはこんなにいやらしい形をしている子だ。

「今、凛の乳首がどんなことになっているんだ?」

「・・・」

凛は僕の問いに答えない。

「どうした? ちゃんと答えなさい」

「・・・硬くなって・・・、つ・・突き出ています・・・」

小さな声で、ようやく僕の質問に答えた。



「そうだな。硬くなっているな。さあこっちを向いて」

「はい・・・」

「そんないやらしい言葉を言った凛の顔を、よく見せなさい」

「・・・・」

凛は僕に言われたとおりに、カメラのほうに顔を向けた。
凛の頬か赤く火照っている。





こんなにいやらしい形になっている凛の乳首を見ていて、僕がそのまま我慢できるだろうか。
僕のS性が、この乳首をいじめたいと言っている。

僕のS性は女性の乳首に対して特別な反応をする。