M女の隠れ家

<奴隷 凛> その32


凛のすっきりとしたパイパンの股間縄と小さなおっぱいに噛みついている乳首クリップが、とても痛々しい。
乳首クリップから垂れている黒いゴム紐が、揺れている。

今度は逆方向に凛がクルリと顔の向きを変えた。
カメラから顔を背けるようにする凛の体の動きに合わせて、黒いゴム紐が揺れる。



学生時代にスポーツをしていたというだけあって、凛の体はかなりしっかりとしている。
肩幅も普通の女の子より少し広めだし、太ももの筋肉も発達している。

乳房が小さいのも、スポーツ選手にとっては必要な要素なのだろう。
お腹周りにムダなぜい肉もなく、パイパンの下腹部もすっきりとしている。



髪がショートなのも、スポーツをしていた影響のようだ。
長い髪にすることはこれまであまりなかったと凛は言っていた。

調教の前にメールで、僕は髪の長さを必ず確認する。
もし長いようなら、髪留めを準備するようにメールで指示をするためだ。

長い髪の場合は、麻縄で縛る時に髪の毛が麻縄に絡みつくことがあるため、髪留めがあった方がいいからだ。