M女の隠れ家

<奴隷 凛> その33
今度は僕が凛の顔の向きに合わせて、反対方向に移動しようとすると、すかさず凛はまた顔の向きを戻した。
赤く火照った顔を写真に撮られるのが恥ずかしいのか。

顔を伏せるようにしている。
だが、こんな風に体を動かしていると、徐々にオマンコに食い込んでいる股間縄の刺激に、凛の体が反応するようになる。

「はぁ・・・はっ・・・」

凛の息が少しずつ荒くなってきた。



凛の息遣いが少しずつ荒くなるとともに、膝の動きもなまめかしくなってきた。
股間の刺激に反応して、膝をこすり合わせるような仕草をする。

乳首にクリップを付けられ、そのゴム紐を揺らしながら、膝をこすり合わせている姿には、とてもいやらしさがある。

「どうしたんだ?凛。股間が感じるのか?」

「いやっ」

どうやら図星のようだ。
股間の刺激に、凛は頬を赤く火照らせている。







両膝をこすり合わせながら、またストッキングのつま先も重ねるような動きをしている。
時々、お尻をくねらせる様子も、なまめかしい。

「あっ・・・あぁ」

凛が泣いている。
さあ、これからもっと泣いてもらおうか。