M女の隠れ家

<奴隷 美奈> その40
足を広げた格好で固定されている女の子は、股間が完全に無防備だ。
大きく広げられた美奈の股間に、僕は手を伸ばしていった。





美奈の広げられた股間にそっと触れると、ピクンと美奈の体が動いた。
だが、美奈は無言のまま、僕の手が触るのを受け入れている。

ゆっくりとそろりそろりと美奈を股間を触っていく。
ザラザラしたスクール水着の感触の下に、柔らかい股間の肉が感じられる。



スクール水着の上から、股間の敏感なところを少し強く押した。

「う・・・」

初めて美奈が声を漏らした。
この体勢での手足の拘束は、ここまでだ。

美奈は、少し物足りなさそうな表情だ。
麻縄を解いて、手足を自由にした。

「さあ、次はこうだ」

美奈の手と足を逆にして、固定した。
面白い恰好になった。