M女の隠れ家

<奴隷 美奈> その48
足を折り曲げられた格好で縛られて身動きが取れない美奈は、段々と縄の世界に入り込んできたようだった。
呼吸がまた荒くなっている。

その白い太ももを、僕は我慢できずにそろりと撫ぜた。

「あう・・・・ん・・・」

色っぽいような声が漏れた。
だが、僕が撫ぜる手に抵抗できるはずもなく、ただそのまま僕の手に触られていく。

スベスベした白い太ももが、撫ぜているととても気持ちいい。
水着に隠されたところは、あとでゆっくりと味わってみたい。









しばらく美奈の太ももの感触を味わった後で、今度はその太ももを麻縄で縛り上げていった。
先ほどの左足首に結んであった縄を解いて、太ももから膝へと縛っていく。

太ももに麻縄を巻いてグッと縛ると、美奈は切ないような声をあげた。

「ああぁ・・・・」

太ももの縄に感じているようだ。