M女の隠れ家

<奴隷 美奈> その58
手で隠すことで、さらに恥ずかしさが増すものだ。
もちろん手だけで裸の体を隠せるはずもないのだが、手が自由になったことで少しでも恥ずかしいところを隠そうとしている様子は、とてもいじらしい。

そんな様子を僕はしばらく眺めていたい。
美奈の体は、恥ずかしさでクネクネと動いている。







しばらく手で裸の体を隠しているうちに、また羞恥心が増してきたようだ。
ここで、さらに美奈に恥ずかしいことを命令した。

Mのポーズだ。

「美奈、次はMのポーズだ、知っているか?」

美奈は黙ったまま頭を横に振った。
Mのポーズの事はまだ知らないようだ。

「まず両手を頭に後ろで組みなさい」

美奈は素直に僕の命令に従った。

「はい、ご主人様」





さっきまで手で隠していたおっぱいと股間の陰毛が丸見えになった。
まだ幼さの残る体つきが、とてもよく分かる。

「次は、そのまま両足を肩幅まで開きなさい」

恥ずかしさで美奈の表情が歪んだ。